1970年01月01日

はじめに

独身だし、もう親に頼れる歳でもない。
心配事は、仕事。自分が働かなければ治療できない。
それどころか、食べてすらいかれなくなるかも?

告知? 入院手続き? もう全部一人で臨む。

独身で、名実ともにひとりぼっち。
既婚でも、誰にも頼れず実質ひとりぼっち。
精神的に、ひとりぼっち。

そんなシングル・ガン患者さん達に捧げます。


---------
上記は、 2004年、乳がん告知を受けた年に書いた文章です。当時、独身労働患者のサイトやブログが非常に少なく、患者共通の悩みは全員にあるけれど、生活や人生に対する悩みが全然違うのに、『ひとりぼっちガン患者』はマイノリティなんだろうか?と独身者が情報交換や交流したりできるようなサイトを作ろうとしていました。

しかし、(身バレ防止の適当な記述)クビや左遷が怖くて、抗がん剤中に転職。カツラで働き続け、手術は有休使ってクリア。放射線と追加手術も中抜け外出でクリア。その分会社にバレないように人より働き、遠慮なく海外出張なども頻発し、体力に自信がついてから、再度転職(入社時の健康診断の時に医師には話したが、職場ではあえて話さず)。そのままバタバタと忙しく、結局サイトもブログもメモ状態で手付かずのまま。

ステージ3(T3N1M0)の進行ガンでしたが、抗がん剤、手術、放射線、術後経口抗がん剤、ホルモン治療とフルコース治療を続けながら、現在も元気に働いております。 主治医が関西に異動になったので、追っかけして遠距離通院。多発転移が判明したので、手術した都内の病院に出戻りして、抗がん剤治療中。

2004年1月:乳がん診断(ステージIIIa)、術前抗がん剤開始(AC+T:タキソテール):PR
2004年8月:温存手術(リンパ転移5/8)、術後放射線
2004年9月:ホルモン治療(リュープリン&ノルバテックス)+X(ゼローダ)
・・・
2010年4月:マーカー上昇傾向始まる(基準値内)
2010年8月:肺&胸膜多発転移
2010年9月:有休中。マーカー基準値突破、ノルバお休み。
経口抗がん剤開始(XC:ゼローダ&エンドキサン)
2010年10月:有休終了、在宅勤務開始←New!

(プロフィール:画面右側のアイコン、に最新の経過を書き込んでいきます)

----------
忙しい毎日でしたが、忙しくいられたからこそ色々細かい事を悩まずに済んできたのかもしれません。

当時考えたこと。自分にとって良かったこと。無理やりにでも自分が強く生きていかねばならない&誰にも頼れない&守ってもらえない、色々な意味で『ひとりぼっちガン患者』さんに少しでもお役に立てればと思い、その頃書き散らかした文章をなるべく当時の日時にメモしていきます。

これらは、私が「最初から知っていれば、その心構えができていれば、自分にとってはより有益であった…かもしれない」と感じただけですので、個人の状況・病状・体質によっては役立たず、かつ適応されないかもしれません。

『ヒント』ではなく、あくまで『アイデア』の一つとして参考にしていただければ、幸いです。

注)
ヒント→それを元にして行動を決定
アイデア→自分に良かったら取り入れ

*名称部分や関連する重要な部分は、個人が特定されてご迷惑をおかけしないよう、一部仮称とフィクションを入れています。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

nekome1999 at 01:01コメント(14)トラックバック(0)はじめに 
↓面白かったらクリックしてください

ランキング
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


お世話になったサーチ

カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
livedoor プロフィール
月別アーカイブ
記事検索
名言


presented by 地球の名言
livedoor 天気
  • ライブドアブログ