2014年09月23日

速攻休薬

アフィニトールは一日飲んだだけで休薬の憂き目に。
余りの拍子抜けぶりに、時系列で整理してみる。

8/18:通院、血液検査。
γ-GTPが上限値をやや超えていたが、まあその程度なら気にしない。ハワイ滞在中、喉の痛みにはロキソニンかボルタレンで対応。

9/8: 通院、アフィニトールとアロマシン処方。その日から開始。ちょっと風邪っぽい。鼻水が出る。先生、一か月分アフィニトールを処方してくれようとするが、どのような副作用が出るか判らないので、二週間分にしてもらい、二週間後、9/22に念のため血液検査も入れてもらう。

同日、内科クリニック。8月にγ-GTPがやや高かった事を伝えると、念のため、久しぶりに肝臓&腎臓エコーしてみましょうと。予約を9/22に入れてもらう。咳と痰対策でムコダイン、アストミン5日分処方してもらう。

9/8の週:風邪がひどくなる。咳、喉の炎症、発熱(平熱+2度程度)、寒気、鼻水、痰等。のどの痛みにボルタレン。ムコダインとアストミンで対応。5日飲む。

9/8にアフィニトールとアロマシン第一回目服用。喉の腫れ&発熱のピークは2,3日だったが、その間、咳などの風邪の症状が余りに酷いので、翌日からアフィニトールは自主休薬。アロマシンのみ継続。風邪の悪化は単にピークのカーブが一致しただけで、アフィニトールの影響は関係ないと思われる(1回だけだし)。

風邪で抗がん剤の副作用も一緒に来るリスク>治療が遅れるリスク、と判断した。アフィニトールの副作用に間質性肺炎がある。咳をし過ぎて体のあちこちが痛い有様。これでは、風邪がひどくなって咳なのか、ガンが進行して咳なのか、副作用の肺炎で咳なのか判らない状態。副作用を純粋に評価することもできない。ただし、アロマシンはホルモン治療の薬なので、免疫には余り関係ないだろうと継続。単体の奏効率低くてもやらないよりマシかなフィーリング。

9/15の週:通常、3、4日で抜ける風邪が一週間経っても、まだ咳、鼻、痰、微熱などグズグズしているので、近所のクリニックへ。ピーエイ(風邪)とフスタゾール(咳)もらって5日飲む。近所クリニックの先生に、「体内にまだ菌がある状態で、そういうお薬(アフィニトール)は止めておいた方が良いでしょう」と言われ、アフィニトールは休薬継続。アロマシンのみ服用継続。

9/22:診察、血液検査。
まだ鼻、痰、微熱(平熱+1度程度)続く。でも、そろそろ軽くなってきたので、先生に自主休薬の説明して、今日あたりからまたアフィニトールを始めようと考えていた。アフィニトールは二週間分もらおう。アロマシンは4週間分もらって、次は4週間後でいいかな?そのままの量か、様子見ながら減薬でもいいし…と話していると、あらびっくり。肝機能関連のAST、ALT、LDH、ALP、γ-GTPが軒並み上限値を突破していた。γ-GTPなんて、上限値30なのに227って何だ?

GTP0814治療はお休み。アロマシンも休薬。来週また採血して様子見。

丁度、クリニックで肝臓エコー撮ろうとしていたので、検査データ持って行き、よく診てもらう事に。内科の先生の方が詳しいだろうと。…確かに。タイミング良くてよかった。

しかし、憧れのアフィニトール一回でお休みってどうなの?あんなに高かったのに?肝機能悪くなっちゃったら使えもしない訳?と不機嫌に。しかも、肝機能の数値が悪くなっちゃうって何なの?肝転移なんだろうか?8月のCTに写っていなかったのが、こんなにいきなり数値が悪くなる程早く進行しちゃってるって、こりゃ大変だ。もしかしたら、そんなに楽観しているほど長く生きられないのかもしれないな。そうだ。遺書をさっさと完成させて、公証役場に行かねば。

…等、色々考える。
クリニックに向かいながら、採血&エコーに備えて朝から何も食べていないので、空腹の余り元気もなくなり気弱に。データを魚雷オタク医にメールで転送し、「これって、肝転移なのかしら?」と尋ねてみる。「γ-GTPが上昇し、しかもトランスアミナーゼも上昇している場合は、まず薬剤性肝障害を疑います。肝転移ならLAPが一番上がるはずです。最近、抗がん剤を処方されませんでした?」。

うん、アフィニトール。でもたった一回、飲んだだけよ?

「アフィニトールならγ-GTP上がりますよ」

…そうなのか。
薬のせいかもしれぬ。びっくりするような進行ではないだろうと慰められてクリニックへ。まあ、エコー診てもらえば判るし。もしかしたら8月からこっち、ずっと肝臓の値、良くなかったのかもなあ。それならあの倦怠感と眠れ過ぎも説明がつく。

肝臓エコー。
ちょっと脂肪肝は変わらず。前からある嚢胞は変化なしで別に悪さしない。腎臓にも胆嚢にも異常なし。エコーで見られる限りでは悪い所はどこにもない。先生曰く、「こんな数字になっちゃっていて肝転移だったら、エコーで見えないはずがないのと、他の怪しい数値は上がっていないので、お薬のせいだと考えて良いでしょう。一週間、お休みして様子を見る案が良いでしょう。また来週、採血のデータを見せてください」とのこと。

しかし、一週間休んで数値が回復しなかったら?
また飲んで爆上げになったら?
もしかしたら、アフィニトールができないかも?
マジで?あの2週間分は無駄に?と暗い気分に。
しかも、肝機能が回復しなかったら治療できない訳?薬があるのに使えないかもしれないって事?それに、そんなに簡単に肝臓って復活するものなの?

いきなり暗雲立ち込める新治療。

だが、もし、最初、先生の言う通りに一か月分アフィニトールもらって、そのまま自己流に飲み続けていたら、血液検査は来月。その頃にはもっと高い数値になっちゃって、肝臓のダメージも酷い事になっちゃっていたかもしれない。むしろこのタイミングで早期発見(たった一回)できたのはラッキー?と、気を取り直す。

まあ、なるようになる。

「水分よく取って、安静にして、よく寝てください」とのことなので、もう今週は在宅勤務しかしないよ、と決意した。肝臓が何より大事。肝臓は大きな臓器で大量の血を必要としているから、ちょっと横になってあげるだけでも血流が良くなってナイスなんだよね。ゴロゴロ作戦で行こう。

DSCN5905心も体もリフレッシュなためのハワイ。

思い出してみると、行く前に、お休みのために仕事をまとめてしなきゃならなくてちょっと忙しくて疲れた。出発前、一週間ほどちょっと喉の痛みがあり、風邪?状態に。鼻や喉が少し炎症起こした感じ。そのための微熱程度。疲れかしら?と考えて抗生物質でも飲んでみたが、痛いのは喉の中ではなく、鎖骨の上あたり。ぷっくりと腫れてきて押すと痛くなってきた。

がん患者だとつい心配してしまうが、この間CT撮ったばかり。何年か前に、同じ辺り、甲状腺周辺が腫れた事あったが、その時と同じような状況。痛いという事は何か炎症なのだろうと、手持ちのボルタレンかトランサミンなどで対応してみた。いつものクリニックで血液検査と喉のエコーも撮ってもらったが、前回の時と全く同じような画像だった。また亜急性甲状腺炎?他人には感染しないし、ハワイ行きは問題ないとの事で、まあ一週間ちょっとだし出かけた。

DSCN5859前回甲状腺炎の時と同じように寝汗かくし、疲れてよく眠れるし、まあよく食べて、寝て、友人達と会って笑って、のんびりしてきた。室内の冷房ガンガン&飛行機で喉をやられるので、まだちょっと風邪っぽいが、喉のしこりは消え、痛みも薄れてきていた。

良く考えると、この時に、自己判断で色々なお薬をミックスして飲みまくったのも肝臓にいけなかったのかもしれないし、そうではないかもしれない。アルコールは滞在中、二回しか飲んでいない。それも、シャンペンとフローズンマルガリータとビール一杯だけ。毎日飲んでいた訳でもなく、さほど肝臓に負担がかかるとも思えない。でも、今更、原因は判らない。治療ができないのは残念だが、まあ、現状で、考えてみてもできる事はないので仕方ない。

治療ができる事。
治療しているとつい、副作用に文句言いたくなるけど、そして効かなかった時にはがっかりするけど、値段の高さに呆れるけど、治療ができるという事は、十分体力があってラッキーだからだって事を忘れかけていた。治療ができなければ、薬が効くか効かないかの賭けにすら参加できない。

人間って慣れると何でも当たり前になる。治療ができるって素晴らしい。気を付けねば。


ちなみに、会社の全体ミーティングで、再発した時のように「また治療になります(一応、ずっと治療してましたけど、たぶんそういう説明の方が判り易いので)。部下U君とB君がそれぞれの部をアクティングでリーダーとして頑張りますので、皆さまのサポートよろしくお願いします」と発表させられたので、皆はまた私は在宅化と思っていたらしい。だから、ハワイから帰って出社していたら「会社に来なくてもいい。家でやれば?」と上司に言われるし、ゴホゴホしてたらチームの皆さんにはデング熱呼ばわりされて迷惑がられるし。いてもいなくてもいい感じになってきた。ナイス。

今後は内職メインに切り替えて、出来る限り電話&テレビ会議で済ませる事にした。誰にも話しかけられたり邪魔されたりしないので、内職業務は在宅の方が捗る。3Q中にやらなきゃならない宿題と、4Qの宿題が結構溜まっているので、このタイミングで片づけてしまおう。

咳し過ぎて、鼻かみ過ぎて、頭がボーっとしている。もしかしたら秋の草花の鼻炎かもしれない。とにかく、今週はアロハな気分で、お仕事もスローでのんびりとやろうと決意。来週の血液検査まで何も考えない。皆さんも風邪には注意で。


↓ おもしろかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


nekome1999 at 21:25コメント(4)トラックバック(0)アフィニトール&アロマシン 

2014年08月25日

さよならフェソロ:トホホCT結果

フェソロデックスは終わった。

CT画像は、トホホ炸裂って感じ。右肺のど真ん中の腫瘍は巨大化してるし、胸膜はブヨブヨ通り越して胸水が溜まりだしていた。

余りにボロボロだと、先生がろくに画像を見せてくれない。精神衛生上良くないと気を使ってくれているのか、前回との比較画像もすごい速度で素通り。まあ、画像をしっかり見ても何かが変わる訳ではないので別にいいけど。もちろんマーカーは無慈悲な急上昇で自分的レコードを達成。ずっと痛かった右の背中はたぶんこのブヨブヨした胸膜だし、あちこちの具合の悪さがCTに反映されて想定内。これでフェソロデックスを続ける理由は一つもない。

しかし、よくまあこの画像状態で咳が出たり息苦しくなったりしないものだよ。確かに最近咳は出ていたけど、鼻水も出ていたし、喉も痛かったので、どちらかというと風邪っぽかったし。…と丈夫さというか、たぶん場所的な運の良さに感謝せねばなるまい。まあ、今回ラッキーだったのは、今のところすべて肺と胸膜だけで収まってくれている所か。まだCTに写るほどの転移は他にはない。この調子で、他に行かないように引きこもっていて欲しい。

フェソロデックスさん。短いお付き合いだったけど、楽しかったわ。じゃあ、ごきげんよう。さようなら。…と、余り自分に尽くしてくれなかったどーでもいい人に別れを告げるような感じ。次、行ってみよう。しかし、すでに色々試しているので、選択肢は余りない。

・タキソール(ジェムザールと一緒に使った事はあるが、ウィークリーで使う)
・ナベルビン(使った事ない)
・アフィニトール&アロマシン(新しい)

アフィニトールは分子標的だとは言っても抗がん剤なので、それなりに副作用あると先生。

さて、どれにしようか?
個人的にナベルビンやるならウィークリータキソかなと考えていた(脱毛するけど)。でも、今までの患者先輩見ていて、この二つは割と体力落ちちゃっても、できるような印象。じゃあ、今、元気なうちに新薬試したいかなという感じ。先生曰く、

「ナベルビンとウィークリーは、体調悪くなっちゃっても入れられますけど、そういう状況になってからは、アフィニトールの選択はないですヨ」

はい。決定。
アフィニトールにします。
期間限定物に弱い性質。今しかないプライスレス感。
(お薬の値段は逆プライスレスらしいが)

一つ疑問が。
海外の治験と国内の治験データを見たら、国内の間質性肺炎の発生率の方が高かった。海外ではショボいのに、国内では結構な割合。それは、日本人の方が肺炎にかかり易いとか、人種的な遺伝子的な何かでもあるのだろうか?

先生「検査のやり方にもよりますヨ。自覚症状ないのを見つけたりとか」

…あー。日本人は病状に神経質だったり、真面目に申告したり、よく検査したりするから海外より見つけ易いとか?確かに向こうの人は相当具合悪くなるまで余り病院へ行かないし、報告もサボりそうだし、ろくに検査もしないから、軽いのは無視され、結構重篤になっちゃったのしかデータに残っていなかったとか?まあ、確かに、そういうフォロー体制のバイアスを抜かないと、「日本人に多い」と特定はできない。なるほど。余り気にしないでおこう。


さて、すでにぼちぼち患者さんに使っているそうだが、実際の経験談は乳がんブログに殆ど見当たらない。後からの患者さんにもしかしたら役に立つかもしれないので、再発治療の中にアフィニトール&アロマシンというサブカテゴリーを作成。治療や副作用等はここに分けて入れておくことにした。

まずは、製薬会社が用意した乳がん患者用のアフィニトール投与前チェックリストをチェック。

手術不能または再発乳がんで、ER陽性かつHR2陰性。非ステロイド性アロマターゼ阻害剤による治療歴の有無。あとは肝炎、感染症などない事などがチェック項目にある。アフィニトールが免疫を抑制するので、体の中にあって普段悪さをしていない物が出て来てしまうリスクがあるのだろう。一応血液検査で肝炎や梅毒(?!)の有無を次回までにチェック。手術前にも検査したのだが、もう丁度10年も前だ。

あー、10年前の8月に、こそこそと夏休み取るふりして入院して手術したんだっけなあ。会社には内緒で治療したんだった。元気だったよねえ。…とふと思い出してぼんやりしていると、腎細胞がん患者さん用のパッケージをもらう(まだ乳がん患者用の説明書が病院にない)。中身は、

・アフィニトール錠を服用されるかたへ
・服薬日記(記録帳)
・お薬による口内炎のセルフケア
・知っておきたい高額医療費
・アフィニトールによる治療中の自己負担額

…ステキなパッケージです。今までこんなに立派な冊子のセットお土産をもらった事はありません。このお土産を見て、私にもすぐ理解できた事は、

・副作用でもれなく口内炎
・治療費高い


この二点でしょう。

費用に関しては、こんな事もあろうかと、すでに会社の保険組合から「限度額適応認定証」をもらってあります、わたくしは。計算式なんかあったりして、どういう効果があるのかは判りませんのですが。

早速、同日、歯科口腔外科に予約入れてもらい、口のチェックを受ける。問題ないとの事。念のため、歯のレントゲンも撮る。さらに歯科の先生より口内炎対策の説明を受け、かかりつけの近所の歯医者さんへ治療や薬に関しての申し送り書を作成してもらう。かかりつけがなければ、近所の歯科を紹介してくれるとのこと。

…怪しい。
100%に口内炎って書いてなかった。確か60%とか。だったら4割の人はならないのに、何で主治医の先生は、口内炎100%発生前提で話が進むのか?何でこんな書類まで流れ作業で作ってくれるの?何でこんなに至れりつくせりなの???

歯科の先生に聞いてみる。

猫目「先生、あの私今まで色々抗がん剤やってきて、その中で副作用、口内炎というのもありました。でも、今まではこんなに慎重に事前検査とかされなかったんですけど…」
歯科先生「ああ、でも、フェソロデックスからアフィニトールへお薬変更ですよね?まあ、まず口内炎になりますから注意してください」

速攻でさくっと断定。

マジで。
そうか。そうなのか。
さすががん病院。歯科の先生まで抗がん剤や治療方法を熟知。助かりますね。

…と言うか、なぜ皆そう脅す?
ならないかもしれないじゃん?

その後ピロたんがお電話くれて、私は粘膜系が弱かったので、やはり口内炎がもれなく出る予感がし、普通の口内炎と違って治りにくかったりあちこちに出てもびっくりしないよう教えを受ける。

…やはりか。
なる。なるのだね。
粘膜をやられると言う事か。となくるゲリラ活動も再開?

そう言えば、前回自分で書いていたので副作用はこちら
確かにゲリラ活動もあるな。それに湿疹当りも怪しい。ところで、口内炎は、腎臓細胞がん患者さんの冊子だと44%になっているのに、こちらは64%。乳がんの治験患者はおそらく100%が女性。腎臓の方はそうではない。と、なると女性の方が口内炎になりやすいのか?それとも乳がん患者はもれなく副作用を報告するけど、腎臓がん患者は報告しないとも考えられるな。

まあ、自分に出るか出ないかだから、50%なのだけれど、どんな事でも。

効き目は、ピロたんの患者さんの感覚だと、シャープではなくホルモン治療に似たしぶとい効き方らしい。じっくり期待しましょう。

では、アフィニトールを使うと決めたら、まずは以下のアクションを。
・アフィニトール投与前チェックリスト
・免疫が落ちたら暴れそうな菌を持っていないか血液検査
・口の中、歯の検査
・近所に口内炎等を見てもらえるかかりつけ歯医者確保
・限度額適応認定の手続き
・その他、免疫が落ちたらやりにくくなるような検査もしておくといいかも(婦人科とか?)

DSC00392サルスベリ。名前はアレだけど、漢字では「百日紅」と綺麗だし、花は繊細で何とも言えず美しい。間違いなく夏を代表する花。ほんわかしますね、見ていると。

今週からアフィニトール開始でもいいかと思ったのだけど、先生が、ハワイで変な事になっちゃっても困るから帰ってきてからにしましょうとのことで、2週間無治療。

…ま、いいか。
2週間くらいで取り返しのつかないほど悪化してしまうようなサダメなら、その間に何か治療してもどうせ悪化してるサダメだろうし、誤差としよう。まあ、とりあえずハワイへ。お友達と会ったり、寝たいだけ寝たり、ダラダラして来よう。

その前に仕事しまくり。
今年も、出発日に半日仕事のサダメに陥る。何か毎年こんなバタバタよね。

でも、働ける事に感謝かな。
何でも当たり前と思っちゃだめ。今、自分ができる事、持っている事、与えられている事に感謝しよう。

…と常に戒めないと、つい忘れてしまいがち。気を付けよう。

皆さんも、どうか良い夏を。


↓ おもしろかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

nekome1999 at 21:00コメント(31)トラックバック(0)アフィニトール&アロマシン 

2014年08月24日

出張&夏&遺言&産業医

今回はダウンタウンにホテルが取れず、ヘンピな場所に滞在したため、ホテルとオフィスとの往復しかないつまらない出張だった(いつもの出張は何なんだという謎も)。まあ何度も行っている場所なので、観光はまあいいかとも思うが、アメリカ映画で強盗に襲われる定番のような寂れたスーパーしかないような場所だったので、まともな買い物すらできないのがストレス。せめてモールでお買いものくらいしたかったよね。

なぜホテルが一杯なのかと、空港から乗ったアルメニア人のタクシー運転手さんに聞いたら、(どうでもいいけど、アルメニア人は歴史的にトルコ人を憎んでいて、必ずすさまじい悪口を言う。トルコ人にはトルコ人の言い分もある)

・フェスティバルをやっていて、パレードがある週
・豪華客船も寄港している
・軍隊も来ている(パレードとかイベントのため)
・夏休みで一番混む

…。フェスティバル?

シーフェアと言って年に一度のお祭り。マラソン、パレード、軍隊の観覧会、ブルーエンジェルスのエアーショウとかトーチナイトとか様々なイベントが2か月に渡ってあるのだけど、私の行った週がメインイベントな感じ。

何でそんな時にこのカンファレンスを?
あ、参加者の中国人、インド人、日本人などに素晴らしい祭りを見せてくれようとして?と主催者に尋ねると、「え、何のこと?」って。気づいてすらいない。本人も興味ないらしい。「旅行客じゃないし」って。

…思いやりとか細かさを一般的なアメリカ人に期待していたら、振り回されてばかりで疲れる。単に思いついたからその時期に強行。ホテルも高いし、道路も混雑。でも普通はそういう時期は避けるよね。

DSCN5638DSCN5640
夕方到着したので、ルームサービス食べながら、パレードの生中継見た。ルームサービスは、ちょっとサルサチップスとルッコラのサラダとサーモン食べたかっただけなのに、すごいボリュームだった。でも、美味しかった。

DSCN5642DSCN5641
荒れ狂う飛行機。持ち手の人たちが張り切り過ぎて、もう少しでコントロール不可能になるピンチ。

アラスカエアーはシアトルが本拠地らしく、このフェスティバルのスポンサーにもなっていた。前回、LAへの出張はシアトルからはこのエアーだった。メインスタンドのお客さんも、さすがにこの時はスタンディングオベーション。

DSCN5644DSCN5650






州旗と軍服登場。制服フェチとしては個人的なシャッターチャンス。

ぎゃー、装甲車まで登場(スイス製のピラーニャをベースに開発されたストライカーですかね。戦車より軽いので輸送機で運べて短期間に展開可能←オタクの目が輝く)。フランスの独立記念日のパレードみたいですね(規模は小さいけど)。

DSCN5660お色気担当。たぶんシアトルシーフォークスのチアの皆さんでしょう。





DSCN5653受賞チームの登場です。

シアトル下水道&ゴミ収集&清掃チームだったかな?



DSCN5657キャラが「食べた後のリンゴの芯」「魚」「落ち葉」と「凹んだ空き缶」で、「リンゴの芯」は「ゴミ回収」、「魚」はきれいな水を海に帰そう「下水道」、「落ち葉」は綺麗に「清掃」、「空き缶」は「リサイクル」をそれぞれ象徴しているらしい。

ゴミをキャラにするのはとてもユニークですねと解説者は語っていた。

DSCN5661DSCN5667
良く判りませんが綺麗なハワイアン衣装で馬に乗ったチーム。もう一機、飛行機チーム。ブルーエンジェルスがアクロバット飛行やると聞いたので、そのチーム?こういう空中浮遊系は日本のパレードで余り見ないのは、やはり電柱とかがあるからかな?あちこちぶつかっていたし。

DSCN5666アメリカ人はフリーダムでちゃんと整列もできないのかしら、パレードもフリーダムだわねえと思っていると、ちゃんとこのようなきちんとしたチームもあります。確かワシントン大学のバンドチーム&OBも総動員。


DSCN5665わーギャー明るい大騒ぎの中に突如現れる、戦死者のバナー行列。イラク?

遺族や関係者、このプロジェクトの賛同者がバナーを持っているとのこと。悲しい事に、戦死者が皆若い。本当に若い。スタンドは軍関係のチームとこのバナーの時には全員スタンディングオベーションで大拍手。ああ、アメリカらしいなあとつくづく思った(良い意味でも悪い意味でも)。

たぶん、日本の自衛隊員がどこかに機雷処理にでも行って命を落としても、例えば開港記念日のパレードでこんなバナー行列はたぶんしない。絶対に。観客も拍手で迎えたりしないし、遺族も誇らしげに犠牲者のバナーを掲げたりしない。警察も自衛官も消防士も、殉職した人の顔を出して公衆の面前で称え続けたりしないし、プレート残して写真飾ったりもしない。だって公務だもんね的な。

文化の違いで、どちらが良いとか悪いとかではない。日本は日本で、死者への敬意の表し方が違うだけ。


DSCN5697シアトルのタワー、スペースニードルが良く見える。天気も良くて、一年で一番良い季節。サマータイムだからか、10時くらいまで明るい。

でも、ホテルとオフィスを往復するだけ。坂も多いし、朝も早い。

「クリミナル・マインド」という、FBIのなんちゃってプロファイリングのドラマがある。そのファーストシーズンの第一話が確かシアトルでの連続殺人。雨が降って暗くてシャビーな感じ。アメリカ大陸の北西部はそんな感じ。同じ北西部のバンクーバーも、夏のごく超素晴らしい一時期を除いたら、雨ばかり。だからノースウエスタン民は夏になるとテンションが上がり、やたらに日の下に出たがる。これだけ紫外線の害が語られているし、白人の方が皮膚がんのリスクが高いというのに。

ところで、「仕事終わって、会社の仲間と飲みに行くなんて日本くらい。欧米では家族と過ごす時間を大切にします。だから日本人は会社人間なんです」…なんてよく聞く。

まあヨーロッパの一部家庭ならそうかもしれないけど、今の会社も、その前の前の会社も、仕事終わってから職場近くのバーで、同僚と皆飲みまくる。確かに、上司とは飲みに行かないけど、同僚からは毎日飲みに誘われた。別に私達ビジターが来ているからというのではなく、毎日の習慣的な感じ。ちょこっと飲んで帰る人。ずっと飲んでいる人。でもまあ、8時くらいにはお開きで、それから家で家族と食事なのかもしれない。車通勤が多いから単に飲んで帰れないだけで、公共交通機関が発達した町では結構飲んで帰る。NYでもそうだった。会社の噂をネタに延々と飲むだけ。つまみはない。何か食べたりもしない。アルコールだけ、ビール4,5杯、その後ショットもガンガン行く。アルコール消化酵素の遺伝子が違うとしか思えない。どんなに飲んでも次の日ケロリとしているから、白人のペースで飲んではいけない。

まあ「海外ではこうなんです、それに引き換え日本は~」みたいに批判めいた人の発言は大体当てにならないと考えていい。上っ面の綺麗な面しか見えていないか、自分の意見をバックアップする側面の物しか意図的に出していない。その逆もまたしかり。

あと、ちょっと驚いたのが、シアトルはリベラルな街。弊社もベンチャーでリベラル。本社にもゲイはたくさんいて、珍しくもない。特にある部なんかは、子持ちのおっさん一人覗いては全員ゲイ(男女ともに)。それなのに、バーに女性カップル(一人はフェミニン、もう一人は男性みたいなファッションで宝塚の男役っぽい)が入ってきたら、皆、見る見る。「あれ、男?」「いや、女だろ」「でも、胸ないよな」等々、遠慮なく見る見る。見るだけじゃなくヒソヒソ。店の全員が注目。結構大きなバーで、雑多な人種が入りまじっていた。人種に対しての偏見はないのかもしれないけど、酔っぱらうとゲイに対する態度はこの程度。失礼極まりない。

日本でなら、その場ではじろじろ見ないで、後からこっそり「あれ、女同士だったよね?」「たぶんゲイかも?」「そうだね」と確認する程度。まだ当人たちがその場にいるのに、ざわざわしたりしない。居心地悪いのか、その二人はそそくさと出て行ってしまった。皆と同じように楽しもうと思ってバーに来ているのに。誰に迷惑かけている訳じゃないし、その人が誰を好きであろうが、自分には関係ないのに。まあ、こういう露骨な排他的&侮蔑的態度があるから、自分達を守るためにゲイ運動とかが盛んなのかもね。ゲイ狩りとかで実際に殺されちゃったりもするしな。

DSCN5685DSCN5686
こういう野菜の多いランチを欲していたのです。ドイツみたいに肉グチャじゃなくて。

DSCN5671そして私は、アメリカの、1つ買うと、今なら2セット目がフリー!的なマーケティングが大好き。こんな物、2セットもらってどうするんだ?だったら半額にすればいいのにと突っ込みながらつい見てしまう。



DSC00415今回は「進撃の巨人」という日本のアニメのグッズをお土産に買ってきて欲しいとのリクエストが本社アメリカ民から異常にあり(自分用や息子用らしい)、よく判らないままにTシャツやら小物やら買って持っていった。大人気らしい。

現代の日本のアニメは人気でクールなイメージで良い事ですね。私が子供の頃なんか、日本人が関連するアニメと言えば、出っ歯で細目でメガネでチビの「山田警部」しかなかったよ(そもそもそのアニメは日本製じゃなかった)。日本人のイメージなんて長年ずっとそんな感じ。でも柔道が強くて大男を投げ飛ばすし、首からぶら下げたカメラが特殊武器で、事件を解決する良い役。たぶん今では差別的だと放送禁止だろう。

DSC00418シャビーなミニ・スーパーしかないので買えたお土産は、プリングルスとか。でもピザ味やハラピーニョ味はたぶん日本にないので、若者向けのお土産に。

そのスーパーは凄かった。「バッグやナップザックは正面において行け」との張り紙が(つまり、売り場にバッグを持ち込むな→それ使って万引きするから)と。

万引きと間違えられて撃たれたら嫌だなと思って、バッグ置いて行くんですかね?と尋ねたらバイトの兄ちゃんは「いいよー」と適当な対応。こんなルーズな店は強盗にも狙われそうだったので、さっさと買って出る。やっぱ日本はいいよ。コンビニで銃で撃たれるかもなんて緊張感、絶対ないもの。

シアトルのお土産だと、スターバックス一号店のマグとか、シアトルマグとか。シアトルマグはデザインも可愛い。でも、MADE IN CHINAなので、どうかなと。

See'sキャンディが空港に売っているのでよくお土産にもらうが、カリフォルニアのなのでシアトル関係ない。さらに最近は日本でも買える。元々お値段もそこそこなので、持ち帰る手間など考えたら大した差はない。

DSC00420DSC00421
お勧めはこちらのリバティオーチャード商品。ワシントン州がオリジナル。Aplets & Cotletsというキャンディ(ターキッシュデライトのような?)が有名。フルーツを煮込んでゼリーにしてナッツ入れて固めた感じ?自然のフレーバーで、アメリカのお菓子にしては甘すぎず、ナッツも美味しい。色々な種類はあるが、この箱はフレーバーが6つ入っているもの。糖尿病の患者向けのシュガーレスなんてのも最近できた様子。空港で最後に買うのがお勧め。

DSC00431DSC00436






その他には野球と花火。

当然のように負けるし。でも花火があったから良いとするか。


DSCN5719DSCN5756
そしてまた花火。花火の合間に仕事、仕事、仕事。

あとは、遺言の作成と遺言執行者を、昔実家の顧問をしていた弁護士の先生にお願いしてきた。ささやかだが保険やら不動産、株などがあるので、もし母が残されたら何が何やら判らずに困るだろう。弟を当てしたら可哀そうなので、前から片づけてしまいたかった。家の事情を全く知らない弁護士より、知っている弁護士の方が良いだろう。配偶者も子供もいないので、母が単独の相続人になる訳だが、お世話になった親戚に少し分けたり、車は大切にしてくれそうな友人に譲るとか、希望も少し入れる。

でも、顧問の先生も、母より少し若いくらいだから、結構お爺ちゃんになっていて、失礼なんですけど、遺言作成まではいいけど、実際に私が死んだ時に先生は元気で遺言執行者できるのか?という不安がふと過った。人生なんて本当に何があるか判らないもの。引き継ぐ弁護士を紹介してもらいたいけど、「先生が私より先に死んだ時のために」とは言えないので、微妙。一応、9月中に必要書類を揃え、10月の頭くらいには公証役場に行って遺言作成は終了。

まあ、母より長生きしてそんな物を使わないで済むのが一番なのだけど、万が一のために。病気に追い詰められると、誰でも体力と気力がなくなり、正常な判断もしにくくなる。自分はシングルなので、頭と体が元気なうちに、出来る事は自分で済ませておきたい。

産業医の先生にも面接しておいた。久しぶり。そろそろ使える薬がなくなってくるのと抗がん剤に戻るかもと報告。がん研出身の先生なので、抗がん剤治療には詳しい。抗がん剤始まったら、在宅でいいんじゃない?それか時短か。白血球下がったら電車通勤なんてダメだよ。何でも猫目さんの好きにすればいい。サポートするよ。と、言ってくれる。ありがたい事。けど、毎日ミーティングあるし、在宅では無理。まずは跡継ぎを育てねば。産業医が味方になってくれるので安心してお仕事。そして、在宅やら時短は、本格的に体調不良になったら考えよう。


DSC00412そうこうしているうちにセミも、アブラゼミ&ミンミンゼミ→ツクツクボウシ&ヒグラシの割合が増え、夜には虫の音も聞こえるようになった。まだまだ暑いけど、秋の気配も感じる。

明日は通院だ。
フェソロが使えないと確定すると、また抗がん剤に戻る。今までの所に加えて、背中やら脇腹やら、痛い箇所があちこち増えて来て、良くなっている実感はない。実際どうなのかは、先週撮ったCTの結果で判る。

でもまあ、とりあえず恒例のハワイへは行けるだろう。考えても悩んでも病気は治らないから、その後でいいや。

まだまだ毎日暑いので、具合が悪くてボーっとしちゃうのか、疲れてボーっとしちゃうのか、単に暑くてボーっとしちゃうのか判らない。水分、睡眠をしっかりとって、適度にストレス発散して、元気で夏を乗り切ろう。


↓ おもしろかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

nekome1999 at 22:07コメント(0)トラックバック(0)仕事のことその他 
↓面白かったらクリックしてください

ランキング
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


お世話になったサーチ

カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
livedoor プロフィール
月別アーカイブ
記事検索
名言


presented by 地球の名言
livedoor 天気
  • ライブドアブログ