2013年05月26日

ベージュ@銀座:たまにはグルメ

オーストラリアから元男上司が里帰りしてきたので、日本にいるその上の元女上司達も一緒にランチ。私がその会社を辞めただけなので、皆、いまでも同じ会社に勤務している(オーストラリア在住元男上司は現地法人に転勤&移民)。

元男上司が総支配人のドミニクさんとお友達で、シャネルの上のレストランでランチすると聞き、行ったことがなかったので興味があり、オマケとして付いて行った。

バケーション帰国な元男上司以外、午前中仕事してきて職場から集合。元女上司(50代後半二人)、どこかのブランドのお洒落なワンピースにブレゲやピアジェのダイアぐるり時計に、二人とも揃ってバーキンで、手帳までエルメス。それにシャネルやエルメスの女優風サングラスで、セレブのような装い(職場でデフォらしい。相変わらず派手でバブリー)。元男上司も、たぶんどこかブランドのシャツとパンツ。皆さん、銀座の専門店でお買いものがお似合い。

現場から来たので、ROSSで買った30ドル上着にパソコンバッグ。そんな私は、近所のスーパーでお買いものがお似合い。まあ、それはそれで、いっそ付き人か使い走りという感じになる格差が清々しい。

DSCN2124お店の裏手に専用の入り口。

エレベーターからシャネルボタンなため、シャネラーの人は胸が高鳴ることだろう。



DSCN2145インテリアはベージュと黒を基調にゴールドをアクセントとしていて、さまざまなテクスチャー素材を使っているのに統一感のあるのが素敵だった。サテンっぽいこのクッションが気に入った。ほよーんと良い感じに背中をホールドしてくれる。平日で満席だったが、客層も年齢が割と高く、落ち着いて食事ができる。

口の中に宝石を咥えている可愛いカエルの置物を発見した。お店の人曰く、ココ・シャネルがカエル大好きのカエラーだったからとのことだ。へー。

男子トイレのドアにはシャネルのネクタイ、女子トイレのドアにはシャネルバッグがかかっていて、あちこちに遊び心がある。しかし、トイレの中はシャネルらしさ皆無の全く普通で、使っている石鹸もどーでも良い感じで非常にガッカリした。トイレチェック魔としては、トイレの中にこそ、ブランドイメージへのプライドや拘りを見せて欲しいものだ。トイレにこそ、インテリアの魂が宿るのだ。

お料理はこんな感じ。メニューはこちら。全体的に軽め。

アミューズにグリッシーニと生ハムと、小さなお魚とゴマだかクルミのソースが出た(いい加減)。バジルとトマトの爽やかさとソースのまろやかさを楽しむのだろう。シャンペンをサービスしていただいたので、あとは軽くグラスワインの白と赤にした。それぞれ二種類あり、さっぱりしていると言われた方の白は葡萄ジュースな感じ。フルーティで軽く、ランチにぴったり。赤二種類のうちの「結構しっかりしています」と勧められた方は、味に深みがありつつ重過ぎず、美味しかった。お酒は基本的に「その人の好み」に大きく左右されるので、プロの勧めを参考に、自分が美味しいと思う物を飲むのが良いと思う。

前菜には、季節ものの花ズッキーニがあったので迷わず、これ。魚はイサキに新玉ねぎ。お肉は子牛の薄切りで生ハム、ホウレンソウ、フォワグラを巻いたものを選んだ。

DSCN2125DSCN2126DSCN2128DSCN2130













シェフの小島さんが鎌倉育ちなため、鎌倉野菜を使っているそう。野菜美味しい。また、花ズッキーニのお皿は、ソースにはバターなどを使わずヘルシーに仕上げているということだった。色も緑が美しく、初夏にふさわしい雰囲気。

DSCN2127このバターナイフがなにげに可愛い。

一見、単にデザイン懲りすぎにも見えるが、持つところが広がっているので、実は非常に握りやすくて使いやすい。どこのかしら?

パンももっちりしっとり美味しく、自家製だそうだ。こんなに美味しいのにショップがないので、購入不可とのこと。残念。

DSCN2133DSCN2132






デザートはこんな感じ。
チョコレートとマカロンはデフォで付いてきて、それ以外に一点デザートを選べる。このレストランはアラン・デュカスとシャネルの「コラボレーション」で、シャネルが経営するレストランではないため、余りデザートにでかでかと「C」というのはないらしいが、唯一、このチョコレートにひっそりとシャネルマークが。

しかし、テーブルの上のメモと鉛筆は何のためにあったのだろう?筆談?

DSCN2134DSCN2135DSCN2137DSCN2138













一番上左の金箔を使った「カレ・シャネル」というチョコレート菓子はコラボレーションの象徴として一押しだそうだ。ナッツがシャリシャリしたプラリネも、さほど甘くなく、ナッツのアイスクリームとよく合う。大人のデザートな感じ。

その下が、「ババ」というサバランのようなお菓子で、これもココ・シャネルが好きだったらしい。モナコの有名ホテルのレストラン「ルイ・キャーンズ」と同じスタイルなので「モンテカルロ風」。季節が変わっても必ずメニューに入れるのだとのこと。

ブリオッシュのようなスポンジを、その場で切ってラム酒を振りかけクリームを乗せる。ふわふわしたスポンジとラムとクリームとが口の中でとろけるようで美味しい。銀の蓋が付いた大きな器で来るので、一体何が始まるのかと驚かされるが、中のスポンジを温かいままサーブするためなのだろう(たぶん)。

一応、この二つのデザートが定番っぽく、その他はイチゴのデザート。このあたりは季節によって色々変化するのだろう。イチゴの(サブレの上に載ったとの、メレンゲにソース)は、まあ普通だったので、イチゴ好きなら行くべきだが、そうでないならお勧めは定番。

BlogPaint食後には、屋上(?)のテラスを見せてもらう。

オープンエアで素敵だが、日本人は屋外があまり好きではないから使われないんだよねとドミニクさん。その日も、外国人が一組いただけだった。

ここでお茶も素敵かもしれないし、右側には東京タワー、左側にはスカイツリーが見えるので、夜景も素敵かも。もしかしたら、花火大会なんかも見られるのでは?ムード大事な人にお勧め。

DSCN2149壁にはこれでもかとシャネル。

ちょっと笑える。ネタ的にこれは撮影せねばなるまい。

料理もまあ普通だったし、デザートは良かった(マカロン以外の普通の)。ハウスワインの白も赤も良かった。あえて言えば、もうちょっと付け合せ野菜多めが好みなんだけど、立地が銀座の良い場所ということも考えると、トータル的にコスパは良い方なのではなかろうか?

サービスも良い。「特別感」を演出してくれる。色を絞って素材の組み合わせで微妙なアクセントを出しているテキスタイル使いやインテリアも参考になる。そして、シャネル好きな人やシャネル好きな女性とのデートには強くお勧めできる。バーキンブラックもバーキンオレンジ(元女上司その1とその2。二人とも何個か持ってるらしいので、他の色バーキンを持ってきた時には名前が変化する。戦隊物的に、今後はバーキンブルー、レッド、イエロー、グリーン、ピンクなどの登場を希望)も、別に二人は初めてじゃなかったのに「やっぱりシャネルよねえ」「ほら、このテーブルとか素敵なのよねえ」とテンションあがっていた。

その後、バーキンブラックは、連日深夜まで勤務&土日は遊び歩くため、こんな日じゃないと宅配受け取れないから指定したのだと速攻帰っていった。バーキンブラックはもう凄く偉い人だから楽なのかと思っていたが、やはり誰でも大変なのだ。

DSCN2156お芝居見て帰るという元男上司とバーキンオレンジとブリックスクエアまでお散歩して帰る。

中庭は、バラが満開だった。


DSCN2154巨大かつレモンメレンゲっぽい不思議な色と形(結局、心惹かれるのは食べ物)。






DSCN2158DSCN2162






ブリックスクエアのエシレ(バター屋)の斜め前にあるジョー マローンでコロンを買って帰る。

クリーム色と黒のパッケージも可愛くお洒落だ。伊勢丹で通販もできるのを発見した。香りにバリエーションが多数あって(たぶん20種類)、自分にハマる物が見つかると非常にうれしく、価格も手ごろなので、お勧め。

バーキンオレンジ曰く、ここのボディクリームの香りが長続きして何とも言えず素敵なのだそう。会社で何とかさんの香りにくらっときて「何つけているの?」と聞いたらこれだったのよ!絶対ゲットすべきよ!!と力説されたので、かなり心が動いたが、先日、メイドさんによって納戸からボディローションやオイルが大量に発掘されて順番に消費せねばならなかった事を思い出し、クリームはぐっと我慢し、今回はコロンだけにした。

店員さんにお勧めされたブラックベリー・ベイ(ベリーとローリエのさっぱりした香り)と、自分が気に入ったネクタリン・ハニー(フルーティで美味しそう)、ザクロ(甘く奥深い)の三種類をゲット。コロンなので、気軽に使える。


DSCN2157もたもた東京駅まで歩いて帰る。

夕暮れの東京駅、雰囲気ある。





DSCN2152美味しい物を食べて、楽しいお喋りをして、綺麗な花を見て、良い香りグッズをゲットして、のんびり過ごして幸せ。

普段、ミーティングのスケジュールが分刻みとか、外出したら忙しくて立ち食いソバとか、帰宅11時とか、地方出張でオヤジ社員達と一緒にビジネスホテルとか(普通のホテルが存在しない街)、物質的にも精神的にも貧しくカリカリやっているから、その反動というかコントラストで、そうでない時をより幸せに感じられるのかもと思う。

最近、周辺で早期退職=アーリー・リタイアメントが流行っている(50代の人の)。去年も数人隠居したし、先月、一人退職して毎日遊んでいるし、来月、もう一人退職して、船旅にでも行くと言っている。高給取りだった金融関連業界の人が多い。しかし、経済的に、誰よりももう仕事なんてしなくてもいいじゃん状態のバーキンブラックは、「隠居しちゃったら、昼間のダラけたシャンペンとランチをこんなにエンジョイできなくなると思う。だから、このギャップを楽しむために、毎日アリみたいに働くのよ」と。

この忙しさとのギャップは麻薬のような物なのかもしれない。ギャップを感じる喜びのために働いていると言うか。(バーキンブラックの場合。普通の人はお金も要るから働く)

やはり人生メリハリが大事なのかもしれない。
元気で働けるというのは、本当にありがたい事だ。
アリ人生も、そんなに悪くないのかも。ギャップを楽しむために、また働こう。

日本で初めてまともに「会社員」として務めたのは、バブリーなアメリカ金融企業で、彼らが直属上司とその上のマネージャーだった。女性の管理職が多く、皆生き生きと綺麗で、かつスタイルも良くお洒落で、当たり前のように仕事もできて、毎日ニコニコ&バリバリと働いていた。そして、非常識でバカだった私を可愛がってくれて、おおらかに優しく時に厳しく育ててくれた。今、仕事をしていられるのは、社会人としての基礎を彼らに築いてもらったおかげだと感謝しているし、ロールモデルとして、ずっと憧れて尊敬している。きっといつかはああいう大人&管理職になりたい、いつかは追いつきたいと思っている間に自分はすっかり婆になってしまったのだが、彼らはまだずっと遠い先にいて(当たり前だけど)、相変わらず仕事には厳しく、そして人生を楽しんで今も変わらずキラキラしている。一歩でも近づけるよう、これからも頑張ろう。

まずは明日、月曜日に、先週撮ったCTの結果診断と診察。
フェマーラがまだ頑張ってくれているかチェックするため。去年の8月から、そろそろ10か月。一般的には効果が続くのは半年くらいと思われるので、何か変化あったら治療法も変更になる。

今までの経験的に、手ごたえあるように感じても実際には効いてなかったり、こりゃダメだと思っていてもなぜか効いていたり、感覚は余りあてにならない。そして、何か一生懸命考えたとしてもCT結果は変わらないので、「どうなんだろう?」とドキドキしたり悩むのは損だ。いつものように普通に病院に行くだけ。

その後、また外人ビジター接待週間で、週末は熱海の温泉行って、翌週と翌々週はちょこっと出張。合間に別の外人グループも来る。連中は複数で何度もだけど、対する私は一人。「面倒だから、もう来ないで。電話でいいじゃん。もしくは全員まとめて一回で済ませてください」と言いたい気分だけど、それだけ皆が日本の業務を大切に考えてくれているという事なのだろうから、ウザいじゃなくてありがたいと思って優しく接しようと決意。

お友達とのランチや遊びも、勿論疲れない程度に散りばめたい。
良い意味で適当に、無理しない程度に。


↓ おもしろかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

nekome1999 at 21:47コメント(6)トラックバック(0)仕事のこと | 免疫力アップ 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ロッキングチェア   2013年05月27日 07:02
猫目さん、おはようございます。

朝から目の保養をさせていただきました。いや~うっとり・・・。
それにしても元気で働ける蟻さんでいられることは本当に幸せなことですね。
毎日が日曜日になってしまったら、間違いなくメリハリがなくなってこうした楽しみが半減するのでしょうから。私ももう辞めようかな~と思わず、もうちょっと働かせてもらおうっと。

素敵なロールモデルの女性上司がいらっしゃったこと、羨ましいです。もちろん今の猫目さんをずっと先を走る憧れのロールモデルにしている若い女性たちは沢山いることでしょう。

いい意味で適当に、いい加減でなく良い加減に。私もそう思っています。
2. Posted by リリー   2013年05月27日 14:09
相変わらず頑張ってますね~。
私もバブリーな頃、アメリカの金融機関にいましたよ。 2009年に退職し、今は社団法人でがん体験者支援をしております。
いつも懐かしさを覚えながら拝読しております。
コロン興味あります。 今度お店に行ってみますね。 忙しそうだけど、働ける間は働いていた方がいいと思います。無理のない程度に。 メリハリのある毎日を過ごしたいね。 応援してま~す。
3. Posted by 永遠   2013年06月08日 11:36
5 こんにちは
伊勢丹へいく用事があったので猫目さんのまねをしてJO MALONEのボディクレーム買いました。
少し、リンパ浮腫が出てしまい リンパを流すマッサージをするように言われました。
私事ですが、セルフマッサージが苦手です。
猫目さんの記事を読ませてもらい、いい香りのイメージが出来て、これでマッサージし
たら、私もできるかも。←続くかも!
と思いました。

お風呂上がりに使ってマッサージしてます。
ワイルドブルーベルの香りが気に入りました。
無くなったらまた他の香りとか、ルームフレグランスもいいなあ、と楽しみが増えました。

いつも、素敵なことを教えて下さる猫目さん。
これから、梅雨などの季節です、お仕事忙しい日々かと思いますが、どうぞご自愛ください。
4. Posted by 猫目   2013年06月08日 23:09
ロッキングチェアさん、こんばんは。

働けるって素晴らしい事ですよね。ビバ・蟻。やはりメリハリが大事と言いますか。ゆったり優雅に生まれついていないからなのか?でも宝くじ当たったら辞めてもいいと思うんです(^-^)。まずは買うことから始めないとですが。

ロールモデルがあったのは本当に幸いでした。職場が楽しかったです。今、自分がだれかのロールモデルになれているかどうかは判りませんが、「昔の自分」が見て尊敬できるような社会人になれれば、ちょっとは成功なのかなあと。まだまだです。頑張ります。今後とも刺激をよろしくお願いいたします。
5. Posted by 猫目   2013年06月08日 23:13
リリーさん、こんばんは。

応援、ありがとうございます(^-^)
リリーさんもバブルな金融系にいらしたのですね。別の業界の企業に移ってしまって感じますが、やはりバブルの中でもバブルでしたよね(今でもかな?)。今はバブル企業ではないですが、働けるうちは働こう。そう思っています。メリハリつけて頑張ります。

コロン、いいですよ。こちらの製品は、どれも「良質」という感じがします。香りもあれだけ種類があると、絶対に「これ大好き」というのが見つかると思います。試しているうちにたくさんありすぎて迷ってしまうのが難点ですが。
6. Posted by 猫目   2013年06月08日 23:21
永遠さん、こんばんは。

ボディクリーム買われたのですね!自分の好きな良い香りなら、苦手なマッサージも楽しみながらできるかもしれませんよね。頑張って続けてくださいね。リンパ浮腫、良くなるよう念じております。

そして、単独ではなくて、コロンやクリームの香りを合わせて自分だけの香りを作るのもお店のお勧めなのだそうですよ。(お店の回し者ではないですよ)

こちらのお店は、私も友達に教えてもらって楽しみが増えました。銀座三越の地下にもあるので、そちらも便利です。永遠さんにも、楽しんでいただけたら嬉しいです(^-^)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
↓面白かったらクリックしてください

ランキング
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


お世話になったサーチ

カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
livedoor プロフィール
月別アーカイブ
記事検索
名言


presented by 地球の名言
livedoor 天気
  • ライブドアブログ