2014年09月29日

肝数値横ばい&マーカー3倍

9/22以来、上がってしまった肝機能数値を下げるため、一週間、ロキソニンとか風邪薬とか一切止めて、油っぽい物を避け、暴飲暴食せず、仕事もゆるく、疲れたらゴロゴロし、適度にストレッチし、よく寝て、元町チャーミングセールでストレス発散もした。勿論、禁酒。お友達がランチシャンペンだのサングリアだのやっている時にも、自分だけ我慢してオレンジジュースを飲んだ。

な、涙が出ますよ的な肝臓第一生活。これは数値も、さぞ改善されている事であろう。超下がっているに違いなく。

AST(上限値40): 74 →80
ALT(上限値40): 61 →64

…って、上がってるじゃん、むしろ!

まあ、横ばいと判断してもいいかもだけど。(γ-GTPは、主治医の先生曰く、飲酒などでも変動するからとの事で、今日の検査には入れられていなかった)

あれほど養生したのに、全く無駄だったという事だろうか?
いや、まあ、もっと酷くなっていた所が、この程度で済んでいるという見方もできるのだけど。まあ、努力しがいがないというか何というか。

内科クリニック先生はいつもポジティブで患者を元気つけてくれる。曰く、横ばいというのは、変化がないのではなく、もしかしたら計測する前はもっと上がっていたものが、状態が良くなって下がってきているのかもしれないとのこと。肝臓に養生は大事なので、のんびり生活を続けて欲しいと。

まあ確かに。前回検査後にもっと上がっていた物が、状態が良くなって下がってきた瞬間を切り取った検査かもしれない。でも、その逆にもっと下がっていた物が、状態が悪くなりつつあって上がってきた瞬間を切り取った検査かもしれないし、単に現状維持かもしれない。真実は毎日測定でもしないと判らない。でも、そのためだけに毎日、採血なんて嫌だし、たぶん病院ではやってくれない。そして、それが判ったからと言って余り治療に役立つとも思えない。とにかく養生しながら行くしかない。

とりあえず、風邪も収まってきた。まだ鼻水&痰&咳のコンボはあるが、風邪なのだか、鼻炎なのだか、肺の状態が悪くなってきているのだか、さっぱり判らないが、喉の痛みや腫れ&発熱などはなく、まあ治療には問題ないだろう。

マーカーは261.1→725。

3倍?
人生最高値だ。でも、マーカーが上がるだけでは人は死なない。また、3倍になったと言っても、腫瘍が3倍になったという事でも、病気が3倍進んだという事でもない。マーカーに関しては今でも誤解がよくあるが、マーカー1000の患者はマーカー100の患者の10倍病状が進んでいると言う事ではない。マーカーの大きさ=病気の重篤さでもなく、他人と数値を比べても意味がない。ただしマーカーが病状を反映している患者の場合、自分の個人的な上下トレンドは参考になる。しかし、全く病状がマーカーに反映されない患者さんもいるので、あくまで目安だ。

マーカーの上昇は、1か月無治療だったのでまあ仕方ない。ちょっと懸念は、伸び率が高い事かな。活発になっちゃっているかもしれないのに、アフィニトールとアロマシン(ホルモン系スロー効果)で大丈夫だろうか?よりシャープに効果が出る(かもしれない)抗がん剤の方が良いのではないかという疑問。しかし、色々使い果たして、残っている物も、精々ウィークリータキソール、ナベルビン、アバスチン&タキソール程度しかない。

自分は再発治療をしてからずっと抗がん剤が本格的に効いた事はない。マーカーは一時的に下がったりしたけど、画像で腫瘍が小さくなった事はフェマーラで一度あるだけだった。おそらく、抗がん剤が余り効かないタイプなのだと思う。(作用機序的に)フェマーラが効かなくなった患者に効果を発揮すると言われているアフィニトールをどうしても試してみたい。

まあ、とりあえずやってみよう。
アフィニトールはまだ手元に残っているので、アロマシンを処方してもらう。通常量で、一週間、グリチロン&ウルソで肝臓をケアしながら試してみて、口内炎などの副作用にも注意しつつ、来週また採血して肝臓の様子をチェック。数値が横ばい程度で済んでいたなら治療は継続。超アップしちゃっていたら、原因はアフィニトールで間違いないので、その時に、次どうしようか考える事になった。

まあ、効くか効かないか。続けられるか続けられないかは、とにかくやってみないと判らない。アフィニトールを使っている乳がん患者さんはまだ少ない。続けて使っているというブログも見た事はない。これが誰かの役に立てるように、ちょっと続けたいんだけど、どうなるかな。

適正使用ガイドというのが製薬会社から出ていて、WEBで見られる。アフィニトールの乳がん用はここ。でも、この種の物はあらゆるリスクを漏らさず真剣に書いてあるので、怖がりな人は見るのを止めた方がいいかも。概略としては、やはり肺炎が結構大変そう。あと、肝炎のキャリアな人は注意。

DSC00462家のアマリリスがまた咲いた。毎年株が大きくなって巨大化している。さらに屋外で越冬する。植物の環境への順応度はすごいのかも。


さて、飲む時間を決めねば。一日一回、忘れないように。

腎臓がん患者さんの冊子では「空腹時」とあって、食事の1時間以上前、もしくは食後の2時間以降とのかなり細かい指定が。タイケルブみたいに空腹時って事かな?食事の内容によって血中濃度が影響を受けるので、一定の効果が期待できないというもの。しかし、これが乳がん患者さん用ですと「食後」「食後30分以内」って、何で?

ピロたん曰く、まだよくわかっていない不思議な薬らしい。例えば、あるお薬で間質性肺炎になっちゃうと、もう2度とそれは使わないけど、これは場合によっては休薬してから再開しても大丈夫だったりとか、空腹でも食後でもデータがあるとか。まあ、まだ新しいからかしらね?謎は深まるけど、あんまり関係ないか。

昼間から飲んで嫌な気分になっても困るので、夜からアロマシン&アフィニトールを再開。グレープフルーツとの飲み合わせが良くないらしいので注意。分子標的薬はグレープフルーツがNGなのが結構ありますね。


DSC00466リンドウ3色、可愛かったので買ってみた。しかし、普通に活けるとやはり仏花っぽい雰囲気が漂う。ピンクと白は仏花っぽさがないから普通に活けても大丈夫だけど、青は青で花だけ短く切ってアレンジした方が良いかも。


「プラセボ」という現象は良く知られている。
単なる小麦粉でも「薬だ」と信じて飲めば効果が出たりする事。その逆の「ノセボ」というのも研究されていて、鎮痛剤を投与し続けているのに「投与を止めた」と伝えると、また痛みを感じるようになったり、また「副作用があるよ」と伝えられると、「偽薬」なのにその副作用を感じたり等、色々あるらしい。人間の心の力の不思議さ。

人間の心の力だけではすべてを変える事はできないが、「効く」、そう信じていれば効果の出方も違うのかもしれない。また副作用もあらかじめ「出る」と思い込むのも良くないと思う。特に抗がん剤の吐き気は、始める前からすごく脅されるけれども、殆ど出ない場合もあり、本当に人それぞれなので。


注意しながらもとりあえずやってみて、勿論、副作用は仕方ないので上手に宥めつつ、できるだけ長く、なるべく当たり前な普通の自分の日常を送っていけるのがベストなのだろう。そうして10年やってきた。これからもできる限り、そうしていこう。

…じゃあ、さて、仕事するか。



↓ おもしろかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

nekome1999 at 21:43コメント(6)トラックバック(0)アフィニトール&アロマシン | 検査&病理結果 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by そら   2014年09月30日 01:59
口内炎にならないようにって祈ってたのに思わぬ伏兵の登場に前記事を読んでビックリ。
口内炎に気を付ける間もなく休薬の憂き目に遭うなんて!
しかもたった一日!?

吐き気とか我慢すれば乗り越えられる副作用と違って、骨髄抑制とか休薬に追い込まれるような、自分の力だけではなんともし難い副作用はホントもどかしいね。

卵黄の醤油漬けとか、きな粉とかレシチンを含んだものを食べるといいのかな?

頑張らないけど諦めない。
気をつけるけど気にしない。

とにもかくにも治療再開できてなにより。
効くか効かないか。続けられるか続けられないか。
この勝負!見事勝って高笑いしてやりましょ♪
2. Posted by いーたん   2014年10月03日 09:20
「そうして10年やってきた」本当にそうですね。その時々で最良と思える治療の選択を積み重ねて10年、今もその続きだよね。確かに積み重ねた分、選択肢は少なくなるけど、これから研究開発が進んで、新たな選択肢が増える可能性もあるし。
ただ!やっぱり10年間で明らかに老化してますので(含む私)、同じようなハードな生活は薬しかり肝臓数値にも影響するでしょうよ。だいたい猫目さん、ハード過ぎよぉ。養生ですぞ、くれぐれも。
私も今を積み重ねながら、「それでも前を向く」のどこかの缶コーヒー精神で行きたいと思います。
ではまた。
3. Posted by なおこ   2014年10月05日 09:40
5 アフィニトールでブログを書いているかたを探して行き当たりました。
母が乳ガンで骨転移、皮膚転移してこの春に骨髄癌症で生死をさまよい9月に肝臓に転移があるからとアフィニトールを飲み始めました。
元気な母の表情が落ち込み、胸焼け、下痢、嘔吐で辛そうで、、、
もう薬止めよう!と言ってしまいそうです。
トイレにこもっているのを見ると涙が出てしまいます。
猫目さんのアクティブな様子が励みになります。
吐き気などはだんだん慣れてくるのでしょうか?
またブログにちょこちょこお邪魔させていただきます。
4. Posted by 猫目   2014年10月08日 21:26
そらさん、こんばんは。特に自覚症状のない副作用はどうしようもないですね。頑張っても意味ないですものね。

>頑張らないけど諦めない。
>気をつけるけど気にしない。

おっしゃる通りですね。いちいち気にしていたら進めません。賽は投げられた。勝負!ですね(^-^)。朝晩冷え込むようになりましたので、風邪などひかれませんように。
5. Posted by 猫目   2014年10月08日 21:36
いーたんさん、こんばんは。

そうですよね、老化!10年ですもの。治療も何もなくても老化しますよね。そろそろ若い者に譲って隠居暮らししてもいいくらいですよね、本当は。養生、心がけます。

「それでも前を向く」知らなかったのでサーチしてみましたが、面白かったです!いい感じに力が抜けていて、見習わねばですね(^-^)
6. Posted by 猫目   2014年10月08日 21:45
なおこさん、こんばんは。はじめまして。お母様、大変ですね。なおこさんも側で見ているのがお辛いですね。その後いかがですか?

副作用は、お薬にある程度頼るのも良いかもしれません。私はガスターとムコスタ(胃腸薬ダブル)で対処しています。下痢もお薬である程度抑えられます。ただ、嘔吐もあるというのは、お母様は副作用に敏感なのか、もしくはお薬が合わないのかもしれません。ガンのタイプや状態にもよりますが、もっと副作用の軽いお薬(飲むやつ)もあります。

再発後の治療は、いかに病気の進行を抑えつつ、毎日QOLを落とさない生活が長く続けられるかです。苦しんで辛くて体力が落ちていくのが一番良くないです。どうか主治医の先生と相談されて、減量や別のお薬に帰るなど、良い方策を見つけてください。また病院にはガンの相談室などもあります。できる限りご利用されて、受けられるサポートはすべて受け、ご家族で孤立されませんように。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
↓面白かったらクリックしてください

ランキング
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


お世話になったサーチ

カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
livedoor プロフィール
月別アーカイブ
記事検索
名言


presented by 地球の名言
livedoor 天気
  • ライブドアブログ