2014年10月08日

アフィニトール継続:台風の中の通院

日曜日ダラダラしながら在宅仕事していましたら(月曜日に通院で休むので)、翌日が台風で首都圏は通勤通学時に台風通過と知る。

湘南新宿ラインなど早々と運休を決めている。東海道線も止まりそう。沿線の距離が長い路線は危ない。横浜から東京縦断しての通院は無理なのではないかとホテルで前泊する事にした。山手線はまず止まらないだろうけど、念のため、病院のある駅で。ビジネスホテルしかないけど、仕方ない。

結果、正解。
雨に濡れないで通院できた。しかし台風でガラガラかと思っていたのにむしろ混雑。採血して診察。

さて、一週間後の肝臓の値は、

AST(上限値40): 74 → 80→ 92
ALT (上限値40): 61 → 64→ 58

ASTは上がってALTは下がっている。現状維持という感じ?
一週間アフィニトールをやって現状維持というのは、

A) 肝機能の数値を上げた原因は、アフィニトールではなかった
B) 原因はアフィニトールだったけど、肝臓機能回復のウルソやグリチロンが良い働きをしてくれている

どちらかなのだろう。でも、判らない。とりあえず、肝臓の数値が現状維持なら、アフィニトール継続という事だった。内科の先生曰く、3ケタにならないなら問題ないでしょうとのこと。確かに一週間現状維持なら、治療継続で大丈夫なはず。

一週間アフィニトールをやってみて、まあ副作用として気になったのは

・胸のむかつき
→常に空腹感がない。でも食べれば食べられない事はない。胃もたれする。ゼローダ飲んでいた頃と似ているかな?吐き気まではない。ガスターとムコスタでまあ大丈夫。

・ミニ口内炎
→始めて数日で、何となく口腔内の粘膜が全体的に「薄く」なった感じがした。舌などもザラザラヒリヒリしたかと思うと、それが小さな口内炎化する。舌先に小さな口内炎が集団であるのを見るのは気持ち悪い…と思いながらもまたつい見てしまう。口の中全体にミントのマウスウォッシュが浸みる。これが進むとあちこち擦りきれてしまうような感じ…。と歯医者の先生に話したら、おそらく唾液の出が悪くなって口腔内が乾きがちなので、あちこち当たって、普段痛まない所が痛むのではないかと。口内炎もそこから始まり、唾液が少ないと口腔内の菌が繁殖しがちなので炎症がひどくなるのだ、と。

DSC00007なるほど。粘膜が上手く機能しなくなって口内炎になってしまうのかと想像していたが、さらに唾液が出ないので傷つきやすく、炎症を起こし易いのか。メイクセンス。だから乾いたり菌が繁殖しないように「うがい」を奨励していたのか。納得納得。さすが先生。そして、処方してくれたのがこちら。

これって、介護用品?スポンジが付いたスティックみたいなの(別売り)で口の中に塗るのだ。どう考えても介護用品ですよね?寝たきりのお年寄りなどが使うやつ?と先生に尋ねると、「いやー、病気で唾液が出にくい人とかもいるんだよ。お年寄りじゃなくてもね」とのこと。慰めてくれていたのだろうか。

専用スティックなんて持ってないから綿棒で口の中に塗りたくってみた。口内炎ができそうみたいな所に塗るといい感じ。単にヌルヌルしている。味も臭いもない。仕事中にそんなにウガイばかりしていられないから、これ塗っておけばいいか。あとはお茶飲むのもいいかも。理論的には、口腔内の水分を多めに保っておけば良いのだろうし。

・爪が薄くなる
→長く伸ばしている爪が横から割れて引っかかる。短めに切りそろえて、ネイルで補強必要。

その他、手足は寝る前にオイルやクリームで十分保湿。一週間はこんな感じで過ぎた。

一点心配だったのは、先月からの風邪の咳が抜けない事、と主治医の先生に。風邪の記録としてはこちら。まだ咳がある。出ない時は出るが、出始めると止まらない。

どんな咳かと尋ねられたのでやって見せると「空咳ですネ」と。コホコホと軽い咳。あまり咳をしない人には、どんな咳が「空咳」なのかよく判らないと思う。鼻水、痰、咳は抜けないまま。でも、一か月も続くと、もはや風邪じゃない気がする。耳鼻科に行ったら、治療で肝数値高くなっちゃってる人に変な薬は出せないなあと困られちゃったし。

「もうそれは風邪じゃない気がしますネ」

と、主治医先生。
確かに、最初の一週間は確かに風邪だったと思う。喉腫れて痛くて、咳、鼻水がひどかった。でもそれは通常の風邪のように数日で終わった。そこから良くなったり悪くなったり、でも鼻水は治らない。何となく、ブタクサのアレルギーっぽくもあるのだけれども。くしゃみも出るし。

アレルギーなら検査で判るんですけどネと、先生。本当だよ。何で耳鼻科の先生はちゃんと診てくれなかったのか。診ても薬出せないからなーという感じだったのか。

・風邪をこじらせている。
・アレルギー
・肺が酷くなってガンのせい
・間質性肺炎

と、現状には色々な可能性がある。

先生、ささっと今日の採血の血がまだ残っているか電話で確認してKL-6やその他色々な間質性肺炎関連のマーカーを入れてくれる。さらに前回8/18だったが、少し早目にCTを入れてくれようとする。翌日15:30にたまたまスポット空いており、それ以降は月末までCTの予約が一杯。

前回から「無治療」だもの。前回のCTから2か月、何もしていない。しかもマーカーが3倍。CTを見ても全く良い要素なんてないだろう。…と思ってテンションは上がらないが、間質性肺炎の心配も払拭したいのでナイスか。翌日、午後からまた来よう。こんな事もあろうかと今週は木金しかミーティングや面接を入れてないし。

アフィニトール、アロマシン、ムコスタ、ガスターを二週間分処方してもらって帰る。10/7にCTで次の診察は10/20という予定。それまでには今日の採血から間質性肺炎のデータも出ているだろうし、すべてOKな予定。


病院前のいつもの薬局へ。薬局マスターが出て来て色々説明してくれる。前回、アフィニトール処方してから時間経っているから、使えたのかなあ?大丈夫かなあ?と心配していてくれたそう。そこの患者さんでアフィニトール使って良い結果が出ている人も多いので、使えればいいなあと案じていてくれたらしい。

ここのマスターは勉強熱心で、がん患者の口腔内ケアという小冊子を病院と共同で出したり、待合室にもガンの最新情報のコピーや切りぬきが置かれていたり、がん患者に対するケアが充実。さすががん病院の前の薬局だ。一度、近所の小児科隣の薬局に行ったら、フェマーラが置いてなかった事もあったので、やはり経験豊富な薬局がいいと思う。

薬剤師マスターはやはり肺炎を心配してくれる。KL-6を次回調べるんですよと話すと、面白い事を教えてくれた。KL-6は間質性肺炎のマーカーとして使われるが、乳がんの転移でも50%が異常値を示す。そのため、ガンのマーカーとしても効果があるのではないかとの研究がある(こちら)。ですので、乳がん患者は、間質性肺炎になる以前に、この数値がすでに高い可能性がある。

ので、本当はアフィニトールを始める前にチェックすると良いとのことだが、間質性肺炎の可能性もない時点での検査がいくら比較に役立つかもと言って保険適応になるのか?等の謎がある。でも、これからアフィニトールやる人は、何のため、開始前に調べておいた方がいいかも。薬剤師マスターも、今後、他のマーカーが安定しているのにKL-6だけが上昇していたら目安になりますよと。

なるほど。
と、思いつつ内科クリニックに立ち寄って、継続は内科的に問題ないと確認してから帰宅。台風一過の素晴らしい天気。

DSC00468子供の頃は、「台風一過」を「台風一家」だと思っていて、「台風一家の晴天」と聞くと、たぶん台風は強風、大雨、そして晴天がセットで一家(ファミリー)なのかなと思っていた。そのうち漢字を習うまで、晴天さんは台風さんの家族メンバーだった(私の中で)。そうではないと真実を知った時の、幼いながらの知的喜びと興奮が蘇ってきた。

人生って、いくつもの包みを開けて行くような感じかもしれない。

綺麗なパッケージ。汚い物。要らないと思うけどどうしても開けなければいけない物。欲しかったのに自分は持っていない物。その逆。一つ一つ開けていく。開けるたびに知識を得て、経験を得て、色々な物を積み重ねていく。綺麗で好きなパッケージだけを集めて開けていきたいと思うけど、そう上手くはいかない。努力で得られるパッケージとそうでない物とがある。何かを成し遂げるためには、どうしても開けなければならない物もある。

若い頃は、小さいけど綺麗なパッケージが多くて、きっと将来はもっと綺麗でもっと大きなパッケージを開けていくのだろうなあと夢見ていた。倉庫の中の手持ちパッケージはまだ全部見えないので妄想し放題。年取ると、かつて新鮮で大きな喜びを与えてくれたはずの小さなパッケージが、ショボく見えたりするようになる。さらに、薄暗かった倉庫の中が見えるようになってきて、ああ、自分の手持ち(将来)にはもう、昔、夢描いていたような綺麗で大きなパッケージなんてないんだなと判ってくる。自分が昔無くしたパッケージが、すごく綺麗で大きかったようにも思えてくる。

それが年を取る事なのかもしれない。現実的に将来が見えて、そして失った物が懐かしく思える。でも、昔の価値観でショボくて小さなパッケージだったとしても、喜びを感じられるように気持ちでデコレーションする事は、きっと年取った方が上手にできる。

朝、元気に起きられる事が幸せで、今日の続きに明日があって。そんな当たり前の事にささやかな幸せを感じつつ、まだまだパッケージを開けて行こう。(嫌なパッケージも仕方なく)



↓ おもしろかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

nekome1999 at 21:23コメント(6)トラックバック(0)アフィニトール&アロマシン | 治療メモ(転移後) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by なおこ   2014年10月09日 14:02
5 こんにちは、
お返事のコメントうれしかったです!
でも、猫目さんお仕事やお体のことできっと毎日忙しいと思うので無理しないで下さいね、
治療しながらお仕事をこなして自分の時間もちゃんと持っていらっしゃる様子に脱帽というか驚きというか、
自然と頭が下がる思いです!

胃薬のこと先生とも相談してみたいと思いました。
ありがとうございます!

母はアフィニトール10日飲みましたが、食欲が無くなって脱水症状で近所の救急病院で点滴してもらい、
その夜熱が出て
翌日主治医のいる大きな病院に行ってみたらCRP が高くて入院になってしまいました。
アフィニトール前はあんなに元気だったのに
脱水症状でか、カーペットにもつまずくくらいになって、
ハラハラしてしまいました。
昨日もまだ病院のご飯が食べられず、持っていったメロンを少しだけ食べました。
よっぽど胃が荒れてしまったのかな、
今日は主治医のお話しが聞けると思うのですが、、、
早くご飯が食べれるようになってほしいです、
2. Posted by さき   2014年10月09日 19:31
5 初めまして私は34歳でステージ3aの乳がんの告知を受けてから猫目さんのブログを愛読させていただいておりました。
猫目さんは働きながら治療を続けておられ、常に冷静な判断をしておられ、私の心の大先輩として崇拝していました。

なかなかシャイ(笑)でコメントできずにいましたが、台風一家、私もアダムスファミリーみたいなのを子どもの頃勘違いしてました!それを言いたくて思わずコメントさせていただきました。

ちなみに灯台下暗しを東大元暗しだと
オタクっぽい人を想像してました。

がん治療も同じで
随分それまでのイメージとは
異なりますが
これも新しいことや新しい境地を知る
生きている体験ですね。

これからも猫目さんの
知的で冷静な選択を指針にして
私も選択をしていきたいと
思っておりますので
どうぞよろしくお願いします。

新しいお薬の副作用を
うまくコントロールが
効くといいですね。
お身体お大事になさってください。
3. Posted by 猫目   2014年10月09日 21:28
なおこさん、こんばんは。
お母様入院されてしまったのですね。でも、逆に安心です。栄養状態をよくして体力を取り戻せますよ、きっと。バリアフリーで足元も安心です。食欲がなくなるのは、もしかしたら肝臓の影響もあるかもです。今までどのような治療をされていましたか?お母様のガンの種類にもよりますが、抗がん剤が辛い場合にはホルモン治療がいいかもしれないです。主治医の先生とじっくりお話ができて、何か光が見えると良いですね。
4. Posted by 猫目   2014年10月09日 21:35
さきさん、こんばんは。はじめまして。書き込みありがとうございます。

「台風一家」やっぱり誤解していた子供は多いのですね。「東大元暗し」だと、オタクのがり勉が東大入って、いきなり青春を謳歌しようと頑張り過ぎた余りに痛い人を妄想してしまいますね。日本語、奥が深いですよね。

生きている限り、何か学びますよね。100%正しい選択はないですし(比較検討できないので)、その人にベストの選択が、他の人には違ったりもします。どんな事が起きても、自分にとってベストな選択ができるといいですね(^-^)

こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。急に冷え込んできましたので、さきさんもどうかご自愛くださいね。
5. Posted by クロサワ   2014年10月13日 04:20
5 はるか昔にコメしたクロサワです。その後も読み逃げしてました。パッケージの話し、なるほどーと、ほんとに感銘を受けました。冷静なねこめさん!下町より応援してます!
6. Posted by 猫目   2014年10月19日 18:54
クロサワさん、こんばんは。応援ありがとうございます。お互い、できる限り、綺麗なパッケージを集めて、好きな物だけ開けていたいですねー。急に冷え込んでますので、風邪などひかないようご自愛を!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
↓面白かったらクリックしてください

ランキング
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


お世話になったサーチ

カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
livedoor プロフィール
月別アーカイブ
記事検索
名言


presented by 地球の名言
livedoor 天気
  • ライブドアブログ