2014年10月10日

肝浸潤だったんだ

*「転移」じゃなくて「浸潤」だと教えてもらったので昨日の記事を訂正しておきます。「転移」は接触していない遠隔臓器のものとのこと。

イメージ的には、
「転移」:ガン本店から暖簾分けや支店
「浸潤」:ガン本店、隣町まで拡大


午前中お仕事、午後からCTに行こうとした晴天の日。病院から電話が。嫌な予感。良い知らせが来る訳がない。ちゃんと支払もしてきたので心当たりない。

と、主治医の先生。肺炎関連の検査で、とんでもない数値が出て、間質性肺炎の疑いありとのこと。午後のCTより少し早く来て、呼吸器の検査を受けられるように。そして診察も入れてくれた。肺炎だったら治療を一時お休みしなければならないし、肺炎の治療のためにガン治療を再開するまでに時間かかってしまうので、2週間放置するよりは早めにと思ってくれたのだろう。

病院では肺活量などの検査。吸ったり吐いたり。標準数値っぽい。元々やる予定だったCTと、胸部レントゲンも追加。あっち行ったりこっち行ったり。元気だから苦にならないが、病院って大きいから具合悪い人だと大変だよね。

くるくる回っている間にCTやレントゲンが完成しており、先生の診察。CT結果はいつも翌週に診ていたけど、すぐ出るんだと知る。頑張ってくれたのかも。

さて、間質性肺炎の目安となるKL-6値。普通は~500の範囲なのに、どうも4000超(?)のとんでもない数値。そのため先生がお電話くれたのだった。診察日じゃないお休みなのにすみませんの巻。ただし、この数値は乳がんでも高くなるのでその可能性もあると先生も。いつもふざけた患者だけど、もしかしたら重篤になっちゃって苦しいのかもしれないと心配してくれたのかもしれない。

指に挟むパルスオキシメーターでサチュレーション(血中酸素飽和度)もチェック。99%、きわめて健康なんじゃないかしら。

症状:
咳、鼻水、痰

画像からは肺炎の徴候はまだはっきり出ていない。さて、どうするか?
翌週に呼吸器の先生の診察を入れてもらって、それまで経過を注意深く観察しながら(自分で)とりあえず続ける事に。発熱とかまあ呼吸が苦しいとか発生したら休薬。どの薬が原因か判らないので、念のため、アロマシンも止めておいた方が良いとのこと。ほとんどどんな薬でも副作用に間質性肺炎があるリスクがあるとのこと。今まで異常がなかった薬でもそのリスクはあるそう。でも、一つ一つすべてのバイアスを取り除いてテストはできないから、結局何が原因だったかなんて100%は判らないのかもしれない。

肺活量は結果出ていたけど、それ以外の細かいデータもその時までには揃う。もし悪化しちゃってもその時に診てもらえるからいいか。

私的には、
鼻水←ブタクサのせい(そのうち終わる)
咳&痰←肺のガンが悪化したせい(薬が効かなきゃ治らない)

で、そこに最初「風邪」がオーバーラップしてしまったから、複雑で判りにくくなっているんじゃないかなあという推理。肺炎の自覚症状として息苦しさがあるらしいのだけど、全然息苦しくないから微妙に違うんじゃないかと。まあ、来週、判るだろう。

先生、次回の血液検査に追加で「カンジタ」の検査も入れてくれる。セクシャルな病気に心当たりのあるような行為してませんしと、無言の主張をすると、「全身のネ」と。免疫が落ちれば思わぬ菌が全身で繁殖する恐れがあるから、そういう事らしい。

まあ、いい。治療継続。


それよりCT結果。
前回から二か月。無治療。何もしてない。良くなっている要素なんて一つもある訳ない。あったらむしろ不気味。

やはり胸水は増えてるし(画像的には息切れする程度らしいけど、鈍いからか余り感じない)、胸膜の塊も大きくなっちゃって、あれ?

胸膜に接している肝臓の上部がクルミの実のようにぐしゃっと胸膜に巻き込まれているようになっていた。結構しっかりと。

うわー、胸膜腫瘍増悪→肝臓浸潤。
数値が上がったのも、マーカー3倍も、すべてメイクセンス。
肝臓がやられたから数値が上がった。だから薬止めようが変えようが、余り関係なかったんだ。無治療の時に、胸膜から下の肝臓に広がったんだ。

肝エコーで見つからなかったのは、点のように肝臓全体に転移していたのではなく、ろっ骨の下に固まって隠れていて診にくい部分だったから。皮下脂肪が邪魔でそっちまで押し込んで映せなかったからに違いない。デブは身を滅ぼす。ぱらぱらと遠隔に広がるような転移だけ心配していたけど、こういう浸潤タイプで他臓器へというのも当然ある。あーあ、胸膜、横隔膜、腹膜と、いきなり全部?その原理なら、肋骨の一番下とかも危なくない?しばらく骨シンチしてないから不明だけど。

ピロたん曰く「まあ、想定内ですね」って、そういうものなのか。
確かに、薄い壁を隔てた隣に大声でおかしな一家が住んでいて何年も煩く騒いで暴れたりゴミを投げ込んできたら、普通の一家もうんざりして病んでしまうのと同じだ。人の場合は引っ越せるけど、肝臓は引っ越せないし。


なるほど。
…クリアになってちょっと気が楽になった。


でもちょっと、アフィニトールが効かなかった場合、使えなかった場合の事も考え始めた方がいいかな。楽しい人生だったし、やりたい事は殆どやったけど、心配は老母と猫達かな。

老母のために弁護士先生に遺言作成してもらい済。遺産の税金のことは、これまた昔、実家の顧問だった税理士の先生にお願いしてもらう予定。会社の株やら保険やらも、全部清算してもらう。猫は、超猫好き友人に何かあったらとお願い済。母一人で4匹育てていくのは無理なので、女の子2匹を引き取ってもらえたらいいなあと。猫を育てるのにもお金がかかるので、猫に遺産相続させたかったが、住民票がない(!)対象に遺贈できないそうなので、そのお友達に少し遺贈。車は車好きな古い友人に遺贈。その他色々。保険や確定拠出年金は「遺産」ではないそうなので遺書には載せられないが、判り易くまとめておこう。結構、長年生きていると色々な物があるなあと感心すると同時にめんどくさく…。

長く鬱病で大変で、やっと上向いてきた弟に気分が滅入るような後片付けをやらせるのは気の毒なので、弁護士先生と税理士先生に頑張ってもらいたい。

そうか、猫には遺贈できないのか。確かに固体の特定ができないよね。茶トラ、12歳、オス、鼻ピンク、喉白とか細かく指定してもダメな物はダメか。ああ、相続ってそういう物だったよなあと自分が法学部だったことを思い出した。

でも民法なんて妊娠した馬がどーしたとか貸したお金がどーしたとか、他人の物の話なんか興味なかったので自発的に勉強しなかった。しかも、民法の判例で一番最初に習うのが、「宇奈月温泉事件」ですよ?昭和初期、地下の長い温泉引き込み管と土地の権利でもめる物語。18歳の小娘が「わあ、画期的な判例!わくわくしますね!」なんてなる訳ない。宇奈月温泉がどこにあるかも知らなかったので、正直、どうでもいい。資格勉強のために嫌々覚える程度。今でも最初に習うのは、それなのかな?

それを勉強し続けた弁護士の先生って、本当に偉い。遺書作成費用はちょっと高くてびっくりしたけど、仕方ないと思えた。


DSC00018と、さっぱりしたところで治療を続ける。

まずはアフィニトール。
また一週間。肺炎にならないように注意しながら。まあ、注意してもなる時にはなるから、余りどうにもならないのだけど、体調を整えながらやろう。連休明けに呼吸器の先生に診てもらってダメならアフィニトール中止。大丈夫なら継続。肝転移していようといまいと、やる事に変化はない。

しかし、咳が肺のガンの増悪から来るのであれば、アフィニトールやり続けて、それが効いてくれなきゃ治らない。でも、もし本当に肺炎なのだったら、アフィニトー続けたら危ない。昔習った、ヤマアラシのジレンマ的な?(チガウ)


過度な期待もしないけど、失望もしない。いつ、どんな事になっても、後悔しないようにしていきたい。100%は無理だろうけど、まあできる限りはね。

皆さんもね。
リアルの友達も読んでいるけど、ショック受けないでね。メソメソ止めてね。なーに、もうちょっと引っ張れるかもしれないし、ダメな時はダメだし。それが人生だものね。

だからそれまでは、今までのように楽しく遊びましょう。


↓ おもしろかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

nekome1999 at 23:58コメント(21)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by さき   2014年10月09日 21:33
5 コメント連投してしまい、申し訳ありません。

宇奈月温泉事件、民法で勉強で習いました。善意の第3者ですね。
その次がカフェ丸玉事件なんかをやったように思います。
判例もなんだかノスタルジーだなと感じました。

おしゃれキャットというディズニー映画では
女主人が愛する猫たちに遺産を相続させたいと
弁護士に相談していました。
家族の一員なので
猫さんたちへの思い、よく分かります。

常に最悪の事態に備えはした上で
最良の結果をイメージして
暮らせるといいですね。
2. Posted by 楓   2014年10月10日 21:05
猫目さん、リアル友でなくても、ショックだし、メソメソしてしまいそうです。

きっと引っ張れます。猫目さんだもの。

気の利いた事も言えないけど、

信じて祈ってます。
3. Posted by 青猫   2014年10月11日 07:56
猫目さん、こんにちは。
最近家族のことでバタバタしていました。仕事も忙しくなり、もうジェットコースターのような毎日です。
そう言えば、ジェットコースターとかホラー映画とかで、来るぞー!と言うときに怖くて目を閉じて見ないようにする人と、怖いけどしっかり見てしまう人がいますね。
私はしっかり見てしまうタイプです。(あ、そもそも怖くない人もいますね。猫目さんはそのタイプかしら)
だから、今後自分の人生に何が起きようと、目をそらさずに受け止めて、落ち込んだり立ち直ったりしながら、与えられたミッションを果たして人生を全うするのだろうな、そうできたらいいな、と思っています。
晴れても降っても嵐でも空を見上げれば飽きないし、海や木々、花々を見るのも好きです。今ここに自分が生きていることの実感と喜びに満たされます。今回の記事のお花も綺麗!
これからもずっと、これまでと同じように猫目さんのブログに来て、猫目さんの言葉に力をいただいて私も頑張ります。
猫目さんにとって、今日が素敵な日となりますように。
4. Posted by なおこ   2014年10月11日 12:17
5 猫目さん、嵐が来たような気持ちですね、
全然違う話になっちゃうかもしれないのですが、私が離婚したときに今まで通り接してくれる友達が一番気持ちが安らいで今もたまにしか会えなくてもずっと友達だと思います。

猫目さんからのコメントうれしいです!じーっと読ませていただいています!
母の入院している病院へ毎日通っているのですが、主治医の先生になかなか会えずです。
CT を撮った結果腸が腫れているということみたいです。
なるほどご飯が食べられなくなるわけだーーー!
母によると先生は「薬、、、だよねぇ、、」と言っていたそうで、
アフィニトールにチャレンジしてみたけど合わなかったということみたいです。
アフィニトールする前はずっとホルモン剤でした。
腫瘍マーカーが上がってきて肝臓に複数の斑点が出てきてのアフィニトールでした。
母は明日ダンスの発表会があるので出演時間に合わせてピンポイントで外出させてもらう予定です。
全く食事ができず、不思議なことに下顎全体が腫れ上がってしまって、気落ちしているのでちょっとでも笑顔になれることを考えたいです。
5. Posted by ともママ   2014年10月11日 18:37
アフィニトール、ほとんど飲めてないのにね。
アロマシンのせい?
でも、酸素飽和度も肺活量も正常。
きっと、肺炎じゃなくて、乳がんのせいだと思う。

猫目さん、サクサク色々進めて、さらには私たちのことまで気を配って、あんたはどんだけすごいんですか!

大好きだよ、うんと祈ってるよ。
あまり期待してなかったお薬がよい働きすることもあるし、肺炎の疑いが晴れればアフィニトールが本格的に仕事し始めるし、大丈夫。
6. Posted by そら   2014年10月11日 23:13
All composite phenomena are impermanent.

だからこそ前を向いて、今この一瞬を大切に生きよう。
猫目さんの静かな決意、確かに受け取った!

40手前の小娘にはニルヴァーナの境地に至るなんてまだまだ無理だけれど、今この瞬間、猫目さん自身が現実を受け入れながら楽しく生きようって思っているんだもの。

メソメソなんてしてられない!

それに私も引っ張れる気がするの。
だって猫目さんだもの。(エコー)

新ネタを仕入れたら披露していただくと約束いただいていた「男性のギャーギャー話」もまだですし♪

ちなみに服飾学を専攻していた私が一般教養の法学の講義で最初に耳にしたのは「ブルーボーイ事件」でした。
なんでその事件!?マニアックすぎる…(笑)
7. Posted by リリー   2014年10月12日 19:03
どんな状況でも冷静に自分を周りを判断できる猫目さん、尊敬します。 親のこと、猫のこと、気持ちよ~くわかります。まだまだ大丈夫だと思うけど、いざという時に備えておくことは大事。私もしっかり遺言・尊厳死宣言は済ませてあります。でもね、許される限り楽しく遊びましょ!いつでもお付き合いいたします!
8. Posted by 南姫   2014年10月13日 14:12
専門的な箇所は理解し難いけれど…
近くの空を見上げて、年齢も多分近いと思われるし(?)、なんと言っていいやら…。
前に書いた私の乳がんの友人も、猫目さんとは違う経過ですが、しんどい局面を迎えています。
コメントとしてまとまったことが書けなくて、すみません。
9. Posted by Sho   2014年10月13日 22:03
猫目さま
こんばんは。昨年9月末にコメントさせていただいたSho(独系企業に勤務、ホルモン治療中)です。
猫目さんのブログの大ファンです。リアル友でなくてもショックになりますし、そして、何もできないけど、ずっといい方向に行くように祈ってます。

私も横浜市民でチャーミングセール行きました)^o^(そんな共通点も嬉しく読ませていただきました。

10. Posted by 朗   2014年10月14日 00:43
猫目さん、初めてコメントします。

乳がん患者ですが、猫目さんのブログ読んで、いろんなことを教えてもらいました。
私の心の支えです。

どうかどうか、もちなおしますように。
お会いしたことないのにメソメソしてます。

お祈りしています。
\(>_<)/
11. Posted by カリナベッラ   2014年10月15日 17:21
田原節子さんのお言葉「治療、頑張らなくていいの。『生きる』のよ」

まだ胸に去来していますか?

生きましょう!!
まだまだ、生きましょう!!!

生きるんです。

ねっ!

12. Posted by 猫目   2014年10月19日 18:22
楓さん、こんばんは。ご心配ありがとうございます。とりあえず肺炎じゃなくて一週間治療できました。継続するかどうかは今後の状況によりますが、できれば長くお世話になりたいです。急に冷え込んできたので楓さんも風邪に注意で(^-^)
13. Posted by 猫目   2014年10月19日 18:30
青猫さん、こんばんは。ご家族のこと、大変でしたね。さらにお仕事がお忙しいのですね。どうか風邪などひかないようご自愛くださいね。

私はジェットコースターでもホラー映画でも、ああ、ここでこういう演出をして怖がらせるつもりのだなとか、作り手の狙いを探ろうとしてしまい、ちっとも純粋に楽しめない性質です。きっと作り手にリードを取られたくない、任せきりにしたくないという自分勝手な性格だからなのでしょう。

これからきっと何があっても、急に性格は変わらないので、そうやって毎日過ごしていくのだと思いますが、その一日一日が、他の人から見たらつまらない物であっても、自分にとって楽しく実りある物であれば、それを積み重ねた人生は、きっとステキな物になりますね。青猫さんにとって、毎日が楽しいジェットコースター状態でありますように!(時々、落ち着いてくれるて、景色が楽しめる程度になると、もっといいですよね)
14. Posted by 猫目   2014年10月19日 18:35
なおこさん、こんばんは。アフィニトールは口内炎が代表するように体の「粘膜」に異常を起こします。お母様の下痢や食事が食べられない状態は、おそらく非常に強く副作用が出てしまったせいではないかと。下あごが腫れあがったのも、口腔内の粘膜が炎症を起こしてしまったのではないでしょうか?その後いかがですか?休薬して少し良くなっていらっしゃると良いのですが。

ずっとホルモン治療をやられていたとのことで、アフィニトールが効く可能性が高かったので使われたのでしょうね。少しお休みされて、主治医の先生とご相談されてみてください。良いお薬がたくさん出て来ていますし、ホルモン剤と言っても一種類ではありませんので、きっとお母様に合って効果のあるお薬が見つかりますよ(^-^)
15. Posted by 猫目   2014年10月19日 18:37
ともママさん、こんばんは。咳治ったみたい。(薬が効いているのか)

メールありがとね。落ち着いたらご飯食べに行こう(^-^)
16. Posted by 猫目   2014年10月19日 18:51
そらさん、こんばんは。
無常感ですよね。100年後には、ここにいる皆さんは誰も生きていませんよ。がん患者とか関係なく。一度だけの人生だし、楽しまなきゃ損だよ~(エコー)。お互い、やりたい事しましょうー。(と、思ってもしがらみはあるので、出来る限り)

「ブルーボーイ事件」何で一般教養の法学でそんなにマニアックかつ不思議な事件を?しかも、確か優性保護法違反ですよ。まずそれを若い皆さんの授業で取り上げた先生って、どんな先生だったのか、すごく気になります…。

男性ギャー話、性犯罪者の処遇についての議論で、「去勢したら?」という意見が出ると、必ず法務省のお役人(ほぼ男子)がギャーギャーやるお話を次に紹介します(^-^)

17. Posted by 猫目   2014年10月19日 18:53
リリーさん、こんばんは。備えよ常に。ですね。備えてあれば気楽ですでも、猫に条件付き遺贈ができないなんて、残念ですが、弁護士先生も「遺言作ると案外長生きするんだよねえ」と言ってました。

ジビエの季節です。またタニへ行きましょう(^-^)
18. Posted by 猫目   2014年10月19日 18:57
南姫さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
お友達もお辛い局面なのですね。ご本人が納得できて、苦痛のない治療が受けられるよう願っています。秋晴れの綺麗な空が続きますね。冷え込むので、風邪の病み上がりどうか無理せずお大事に。
19. Posted by 猫目   2014年10月19日 18:59
Shoさん、こんばんは。お久しぶりです。ご心配、ありがとうございます。
がん治療初めてからずっとなるべく人ごみは避けてきたので、もうしばらくバーゲンに行ってなかったので、おかしなハイパーテンション状態になっちゃいました。ヤバかったです>チャーミングセール。次は2月ですかね、へへ(^-^)
20. Posted by 猫目   2014年10月19日 19:02
朗さん、こんばんは。初めまして。コメントありがとうございます。お祈りありがとうございます。ブログが少しでもお役にたてれば、とてもうれしいです。

まだまだしぶとく行きますよ。朗さんも毎日楽しく行きましょう(^-^)今後ともよろしくお願いいたします。
21. Posted by 猫目   2014年10月19日 19:08
カリナベッラさん、こんばんは。書き込みありがとうございます。

節子さんはすごかったです。あそこまで普通の人はたぶん頑張れないかもと思いますし、私には到底無理だと思います。誰かと比べず、一般的な何かに囚われず、自分体で良いのだとも教えられました。お互い、マイペースで楽しく生きましょう。(^-^)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
↓面白かったらクリックしてください

ランキング
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村


お世話になったサーチ

カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
livedoor プロフィール
月別アーカイブ
記事検索
名言


presented by 地球の名言
livedoor 天気
  • ライブドアブログ